ワンポイントレッスン

 Lesson.1 どんなボールを選んだら良いか?
初心者は軽いものから使ってみて下さい。ボールは重ければ重いほど、ピンに当たった時の威力が大きく、ピンを倒すポイントになってきますが、重さを優先させるとコントロールが悪くなります。初心者は豪快にはね飛ばすことよりも、いかにしてコントロールをつけるかが課題となるので、まず軽いボールから始めて、基本の投球フォームを習得できてから、徐々に重いボールに変えて行きましょう。


 Lesson.2 指穴は?
まず親指を指先までいっぱいに入れ、そして抜いてみましょう。この時、親指がハッキリと引っかかる様ではスムーズな放球が出来ません。きつすぎず、ゆるすぎず、親指を入れたままグルグルまわしてみて、無理なく回るものを選びましょう。中指と薬指の第二関節がそれぞれの指穴の中央よりやや手前にくるもので、指にピッタリしており、しかも抜く時に無理がないようでしたらぶら下げてスイングしてみましょう。この時、手のひらとボールとの間にエンピツが一本はいる程度の隙間ができれば、ちょうど手ごろなボールを選んだことになります。


 Lesson.3 ボールのかまえ方
ボールをかまえる位置は。アゴから腰の上あたりまでの間で、からだの中央かやや右肩寄り(右投げの場合)にするのが標準です。


 Lesson.4 スイング
スイングは振り子運動の応用です。力むとフォームがくずれるので注意しましょう。初歩のうちは、破壊力にあふれたボールを投げることよりも、コントロールをつけることに重点をおくべきです。つぎのような点に注意しましょう。

 1) 腕や肩に力をいれない。
 2) スイングする腕はヒジを曲げないこと、また脇をあけない様にしてからだの側面で振ること。
 3) 手首はまっすぐ固定しましょう。
 4) スイングは目標に対して一直線に行う。


 Lesson.5 ストレート・ボール
ストレート・ボール目標となるピンに向かって真っ直ぐ転がっていくボールを、ストレート・ボールと言います。ピンに働く力はそれほど有効ではないが、スイングを素直に運ぶだけの単純な方法で手軽になげられ、コントロールをつけやすいので、ボウリングのコルを早く覚えるのに適しています。手のひらがまっすぐピンに向かっていて、手首を曲げず、手のひらがまっすぐピンに向かっているようにして、スイングします。


 Lesson.6 フックボール
はじめはまっすぐに転がっていきますが、ピンに近づくにしたがって左側(左投げは右側)に曲がりピンにくい込んで行くボールを、フック・ボールといいます。ほかのピンへ大きく作用して、いわゆるピンでピンを倒す効果がストレート・ボールに比べて大きくなり、ストライクをだしやすいボールとなります。このように、威力ある球質ですから、初心者がフォームを身につけ。コントロールもついたら、ぜひこのボールに切り替えてみましょう。投げ方は、親指が内側、手の甲が外側になった状態でスイングし、握手する時に差し出すような手の形で投げましょう。


 Lesson.7 カーブボール
手をはなした直後から大きな弧をえがいて転がってゆく球質のボールを。カーブ・ボールといいます。このボールは、横の回転(スピン)がかなり早く、ピンを弾き飛ばす力が極めて大きいのですが、曲線が大きいだけにコントロールが非常に難しく、初心者にはとてもすすめられません。


 Lesson.8 バック・アップ・ボール
フック・ボールまたはカーブ・ボールの反対の方向に曲がってころがる球質のボールをバック・アップ・ボールと言っています。このボールは、力の弱い人、特に女性のおちいりやすい欠点で、スイングする腕がボールの重さに耐えられなくなって、手首がからだの外側に帰ってしまうために生ずる場合が多いようです。必ずどこかで無理をしていて、バランスがくずれていますから、早いうちに基本に戻って直すのが賢明でしょう。


 Lesson.9 ストライクのねらい方
ボウリングの最大の魅力は、10本のピンを一瞬のうちにはじき飛ばすストライク!にあります。一般に、右投の場合は1番ピンと3番ピンの間に、左投げの場合は1番ピンと2番ピンの間にボールが入った時、最も多くストライクがでます。ボールが、この間に突っ込む角度は、板目に対して7〜8度が良いといわれています。


 Lesson.10 スペアのとり方
第一球でストライクが出ず、何本かのピンが残ってしまった時、第二球でこれを全部倒してしまうことをスペアをとったと言います。初心者が一番最初にぶつかる壁が、このスペアの問題です。スペアが征服できなければ、アベレージを上げることはできません。スペアをとる為の実際問題として、まず大切なのは、残りのピンの位置によってアドレスの足の位置を移動させるということです。7番ピンの場合は右側に、10番ピンの場合は左側に移動しなければなりません。アプローチを対角線的に利用するのが、この場合のポイントです。