ボウリング知識

スペアの取り方について説明します。 

スペアの取り方の前にピンの番号を覚えましょう。

(1)ピンの番号

(2)スペアの基本 

■スペアの取り方
基本的なストライクコースの狙い方は、
右肩を目標にあわせて右から2番目のターゲット(10枚目)を狙う
この位置関係をコントロールの位置ぎめの基本とします。
まっすぐ立って、まっすぐあるいて、まっすぐ投げることを心がけましょう。
▼キーピンによるスペア調整法
3−6−9システム
1投目で残ったピンの、一番手前のピンをキーピンと呼びます。
▼レーン中央に残った場合(5番ピンアングル)
キーピンが、“屬ト屬了
 ストライクポジション(1投球目に立つ立ち位置)に立ち、第2スパット(10枚目)に通す。
▼レーンの左側に残った場合(7番ピンアングル)
スタート位置をSPを基準に次の要領で右へ移動し、第2スパット上を通す。
・番ピンまたは、番ピンがキーピンの時
  通常のストライクポジションから右へ板目3枚移動。第2スパットの上を通す。
・と屮團鵑キーピンの時
  ストライクポジションから右へ板目6枚移動。第2スパットの上を通す。
・番ピンがキーピンの時
  ストライクポジションから右へ板目9枚移動。第2スパットの上を通す。
▼レーン右側に残った場合(10番ピンアングル)
第3スパットが目標。スタート位置は番ピンポジションを基準に次の要領で右に移動。
・番ピンポジション
  ストライクポジションから板目15枚、左へ移動したところから、3番スパット(15枚目)を目標にする。
・θ屮團鵑キーピンの時
  番ピンポジションから、右に板目3枚移動し3番スパットを通す。
・H屮團鵑泙燭蓮↓番ピンがキーピンの時
  番ピンポジションから、右へ板目6枚移動し3番スパットを通す。